CASE2: 経営基盤の強化

プロジェクトの背景

  • 介護施設運営法人Bは、2009年に新規施設を開業し、一年を要することなく満床近くにまで稼働を上げることに成功
  • しかし、この間に施設長の交代など組織は必ずしも安定せず、スタッフの士気にも影響が出つつあるように見受けられた
  • この状態が続くとサービス品質の低下、利用者満足度の低下につながりかねず、短期間のうちに抜本的な改革を実施する必要があった

プロジェクトの成果

  • 本PJを通じて、介護施設運営法人Bは7Sのフレームワークに基づく組織運営の基本パーツ(共有価値やクレド、行動指針 等)を構築
  • 7Sのフレームワークを使用したことで、Shared Value(共有価値)にStrategy(サービス方針)、Structure(組織)とStructureを構成するStaff(最適人員、採用方針等)、Staffが備えるべきSkills(行動指針(クレド))、Staffを動機付け、育成するSystem(人事制度の概要)を用意。企業文化の育成を促す経営基盤の強化を図ることができた

プロジェクトのアプローチ